象牙の印鑑を作成するときには

印鑑イメージ

現在ではさまざまな印鑑の素材がありますが、どんな材料で作られた印鑑が一番実印に向いているのでしょうか。

やはり一番に思うかぶのは、高級な素材でできた印鑑ではないでしょうか?
たしかに、高級な素材で作られた印鑑は、その分押印性などに優れつかいやすかったりすることが多いです。

たとえば最高級の素材と言われている象牙の印鑑などは押印性だけでなく、紙に綺麗に写すことができます。
水牛の印鑑も同じく、芯持ちと呼ばれる、角の芯の部分のみを使用した印鑑は、使い心地も良く最高の印鑑と言われています。

たしかに高級な印鑑はその値段にそった使い心地を保証してくれます。
しかし、高級な素材の印鑑が一番なのかと言われれば、答えはいいえです。

最近でてきた印鑑ですが、チタンをつかった実印も若い世代から徐々に増えてきています。
これは、チタン印鑑の押し印性や、その材質が実印としては類まれにみる最適な素材であることも理由でしょう。

たしかに、水牛や象牙などの自然素材を使った高級印鑑は、使い心地もよく、使っていて気持ち良いと思います。
しかし、その分保存やお手入れにも力を入れねばならず、間違えば破損してしまう可能性も高いです。

それに比べてチタン印鑑は、保存やお手入れにもそこまで時間も労力もかからず、しかも金属の性質上摩耗には無縁ですから、値段のわりにとても良い働きをしてくれるでしょう。

お手入れに力をいれてでも自然素材を使いたいと言う人もいれば、少々性能は落ちても、楽でいつまでも使えるチタンを選ぶ人もいるでしょう。
どの印材がよいのかで実印を選ぶのではなく、それぞれ自分にあった素材の実印を使うことが一番よいのではないでしょうか?

ページの先頭へ