使いまわすのは危険

印鑑イメージ

印鑑の使い回しが危険だと考えるのはある意味普通ではあります。
ですが、印鑑は何度も使えるような仕組みになっているわけですから、ある程度、印を使いまわすようなことはしなくてはいけません。

たとえば、サインならそのたびそのたびに手書きでかくわけですから、かならず同じ字は書けないでしょう。
たとえ似た字はかけたとしても、まったく一緒にはなりません。

ですが、印鑑の場合は、何度も印を押していくわけですから、朱肉の着き具合によって微妙に状態は変わったとしても、印の形自体は変わるものではありません。
ですから、たとえば、他の書類についた印を切り取って、そこから複製を試みて、あらたな印鑑を作り出そうと思えばできなくもないのです。
よく、そういった方法が、映画のワンシーンなどでもありますよね。

実印などはそれをやられてしまうと非常に危険です。
それによって、本来の実印の持ち主だと偽ることも出来てしまうわけです。
大きな契約を結んだり、人生に関わるような重要な書類に複製された印鑑で印をつけられてしまうかもしれません。

そのような事態を避けるため、実印や銀行印は基本的に使う機会はなく、ほとんど人目にふれる機会もありません。
もし必要だとしても、それはしっかりと情報を守ることができるような仕事についている人たちだけなのです。
そのため、もしこれらの印鑑を求められるようなときはそれが正しい状況なのかをしっかりと確認することも大切です。

ページの先頭へ